【青春18きっぷ】廃止の噂はデマ!混むから廃止してほしいとの意見も

青春18きっぷは、日本全国のJR線をお得に旅するためのとても魅力的なきっぷです。

ですが、この青春18きっぷが廃止するという噂が広まっています。

今回は、青春18きっぷは廃止してしまうのかについて調べていきます。

青春18きっぷ廃止はデマ

「青春18きっぷ」が夏以降に廃止するという噂が出ていますが、それはデマのようです。

廃止の噂のきっかけは、夏・冬の販売が未発表だったため

青春18きっぷは通常、春・夏・冬の3期間分を同時に発売していました。

ですが、今回は春季用の販売が発表されましたが、夏・冬季用の発売がされていません。

これにより、青春18きっぷファンの間で廃止ではないかという不安が高まっています。

JR東日本とJR西日本は、それぞれ夏・秋の青春18きっぷについては「その都度決まり次第発表」とコメントしています。

北陸新幹線の延伸開業による影響はあるものの、廃止の予定は現時点ではないとしています。

今後、夏・冬用の販売があるとのことですので、一安心です。

青春18きっぷ(春季用)

発売期間:2024年2月20日(火)~3月31日(日)

利用期間:3月1日(金)~4月10日(水)

発売額:12,050円

大人も子ども同額12,050円で旅行ができるのは、とてもお得です。

なぜ春用のみの販売?

2024年分の春用のみ販売した理由は、北陸新幹線金沢~敦賀間の延伸開業に合わせたきっぷ変更のためだったようです。

3月16日の北陸新幹線金沢~敦賀間延伸開業にあわせて、北陸本線の同区間は第三セクターへと経営移管されます。

これにより、同区間で青春18きっぷが通常利用できるのは、3月15日が最後になります。

「青春18きっぷ」廃止してほしいの意見も

青春18きっぷは、長期休暇鉄道旅行を安く済ませようとする人にはとてもお得な切符かと思います。

春の時期は、学生の卒業旅行の交通手段としてもよく使われているようです。

ですが、一方で廃止してほしいという意見も。

・混雑が激しくなり迷惑

・不正乗車の懸念

青春18きっぷの有効期間は、鉄道利用者が増えますので、混在することが予想されます。

普段から通勤や通学で地元鉄道利用客には、迷惑に感じることがあるようです。

また無人駅化の拡大しており、18きっぷにスタンプを押せなくなり不正乗車が増えるのではないかという懸念点があります。

まとめ

今回は、【青春18きっぷ】廃止の噂はデマ!混むから廃止してほしいとの意見もについてまとめました。

現時点では、廃止の可能性はないということですので、一安心ですね。