【甲子園】報徳学園・今朝丸裕喜投手の兄弟や両親について!兄も名門野球部のピッチャーだった!

春の選抜高校野球大会(甲子園)が開幕しました。

今大会注目の報徳学園3年の今朝丸裕喜投手。

今回は今朝丸裕喜投手の兄弟や家族について調査していきます。

注目のピッチャー今朝丸裕喜(報徳学園)

出典:毎日新聞

プロ野球のスカウトが熱い視線を送る報徳学園のピッチャー今朝丸裕喜選手。

身長187cm、体重77kgという恵まれた体格を活かしたピッチングが特徴です。

プロフィール

名前:今朝丸 裕喜(けさまる ゆうき)
生年月日:2006年11月24日
出身:兵庫県神戸市
身長:187cm
体重:77kg
投打:右投げ右打ち
ポジション:ピッチャー

昨年の春、センバツで2年生ながら4試合に登板し、力強いピッチングでチームを準優勝に大きく貢献しました。

ドラフト候補の大注目の選手ですね

経歴

出典:スポーツナビ

今朝丸裕喜投手は現在、報徳学園高校の3年生です。

経歴

小学校:神戸市立東灘小学校

中学校:神戸市立本庄中学校

高校:報徳学園

今朝丸裕喜投手は、小学3年生から横屋川井少年野球部で軟式野球を始めました。

中学時代は関メディベースボール学院に所属。

卒業後は報徳学園に進学しました。

今朝丸裕喜の家族構成

出典:毎日新聞

家族構成

父・母・兄・姉・今朝丸裕喜

今朝丸裕喜投手は3人兄弟の末っ子です。

両親

今朝丸裕喜投手の父親は今朝丸裕さんです。

年齢は2024年3月時点で47歳だと思われます。

昨年の選抜高校野球大会についてのインタビューがありました。

七回途中まで好投したのは今朝丸裕喜投手(16)。父裕さん(46)=神戸市東灘区=はマウンドの勇姿を見ながら「甲子園で投げるのが目標だった。晴れ舞台、思いっきり楽しんで」とエールを送った。

引用:神戸新聞

息子の甲子園での活躍を温かく見守っています。

今朝丸裕喜投手の母親についての詳細な情報は見つかりませんでした。

しかし、重要な試合には応援に来ていると思われます。

兄弟

今朝丸裕喜投手の6歳上の兄である今朝丸慎さんも野球をしており、同じくピッチャーとしてプレーしていました。

経歴
  • 伊丹ボーイズ
  • 育英
  • 北陸大

高校時代は、1993年夏の甲子園で優勝歴のある名門、育英高校で活躍していました。

今朝丸慎さんはその実力を発揮していたものの、高校3年生の間に甲子園の舞台に立つことはありませんでした。

育英高校を卒業後、北陸大学に進学し、そこでも野球を続けましたが、現在はすでに野球を辞めています

今朝丸裕喜投手が野球を始めたのはお兄さんの影響があったのかもですね

まとめ

今回は、【甲子園】報徳学園・今朝丸裕喜投手の兄弟や両親について!兄も名門野球部のピッチャーだった!についてまとめました。

春の甲子園で大注目の今朝丸裕喜投手。

ご家族も応援に熱が入りますね!