【慶應義塾高校野球部】森林貴彦監督の父親はすごい人だった!

2023年夏の甲子園で何かと話題となっている慶應義塾高校。

甲子園球児といえば坊主という概念を破り、自由な髪型で快進撃を続けています。

その慶應義塾高校野球部の監督を務めている森林貴彦さんの家族について調べました。

森林貴彦監督は父親はすごい人!

森林貴彦監督の父親は株式会社モリバヤシ代表取締役社長の森林和彦さんです。

株式会社モリバヤシとは東京都渋谷区に本社を持つ住宅用木材・建材の販売を行っている会社です。

「お客様第一」をモットーに、豊富な品揃えで幅広いニーズにお応えします。
迅速・丁寧な対応で品質の良い商品をお客様へご提供していく所存です。

引用:東京木材市場株式会社

「お客様第一」をもっとにする父親の森林和彦さんと「生徒第一」に考える森林貴彦監督。

森林貴彦監督が野球の指導の中で自己決断を促すことを重要視しているのは父親の森林和彦さんの背中を見て育った環境が影響しているのだと思いました。

 

森林貴彦監督の母親について詳細は公表されていません

しかし社長を務める夫の手伝いに子育てと忙しい日々を過ごされたと思われます。

森林貴彦監督は社長令息で慶應義塾高校、慶應大学卒のエリートです。

裕福な家庭で育ったようです。

森林貴彦監督は小学校教員

森林貴彦監督は慶應義塾幼稚舎の教師として働いています。

小学校3年生の担任をしているそうです。

こんな素敵な先生、きっとクラスの人気者でしょうね。

日中は小学校教員、放課後は野球部監督という高校野球指導者としては珍しい二刀流生活をしています。

大学卒業後は、NTTに就職しましたが3年で退職し、高校野球の指導者を志すことにした森林貴彦監督。

筑波大学の大学院でコーチング学を勉強しつつ、教員免許取得のために学部の授業にも出席していたそうです。

将来、父親の会社である株式会社モリバヤシを継ぐ可能性もあるのか気になるところですが、森林貴彦監督には今後も指導者として日本の教育をより良くしていってほしいです。

森林貴彦監督は奥さんと息子の3人家族

森林貴彦監督は慶應義塾幼稚舎に就職した頃に結婚されています。

お相手は一般人のため詳しいことはわかっていません

多忙な森林貴彦監督を支える奥さんですので、きっと奥さんも高学歴で家柄の良い女性なのでしょう。

森林貴彦監督の息子も慶應義塾高校野球部

森林貴彦監督の息子は現在、慶應義塾高校野球部3年生の森林賢人選手です。
慶應義塾高校野球部の公式サイトによるとポジションは外野手です。

残念ながら2023年夏の甲子園のベンチ入りメンバーではありません。

しかし応援席から声を張り上げ、選手と一団となる姿がテレビでも放送されています。

【画像多数】慶應野球部イケメン総選挙!丸田湊斗選手意外にもイケメンがたくさん 【画像15選】慶應義塾高校野球部・キャッチャー渡辺憩選手がイケメンすぎる 清原勝児の留年理由は学業不振!慶應義塾高校の留年基準が厳しすぎる

まとめ:【慶應義塾高校野球部】森林貴彦監督の父親はすごい人だった!