【何者】モイセエフ・ニキータの国籍や家族について!父親は極真空手の元愛知県王者

2024年3月18日に開幕した春の選抜高校野球。

豊川高校のモイセエフ・ニキータ選手が大会第1号ホームランを記録し注目を集めています。

今回は、モイセエフ・ニキータ選手が何者なのか、国籍や家族構成などについて調査していきます。

モイセエフ・ニキータ選手はロシア国籍

出典:Yahoo!ニュース

モイセエフ・ニキータ選手は、愛知県刈谷市生まれですが、

現在の国籍はロシア

日本国籍の取得を申請中とのことです。

モイセエフ・ニキータ選手は、家庭ではロシア語を話し、学校や寮では日本語を使っています。

バイリンガルなんてすごいですね!

モイセエフ・ニキータ選手のプロフィール

出典:朝日新聞

 

  • 名前:モイセエフ・ニキータ
  • 生年月日:2006年11月29日
  • 年齢:17歳
  • 身長:182cm
  • 体重:85kg
  • 出身地:愛知県刈谷市

モイセエフ・ニキータ選手は高校入学当初、180センチ体重66キロと、華奢な体格をした選手だったそうです。

そこからウエイトトレーニングに励み、10キロ以上体重を増やしました。

鋭くダイナミックな打球は、このウエイトトレーニングの成果なのかもしれません。

毎日米を1キロ食べてたそうです!

モイセエフ・ニキータ選手は6人家族

モイセエフ・ニキータ選手は6人家族です。

家族構成

父・母・長男・本人・三男・四男

モイセエフ・ニキータ選手は4人兄弟の次男です。

男4人ですので、賑やかな家庭そうですね。

父親

モイセエフ・ニキータ選手の父親は、

モイセエフ・セイゲルさん(47歳)

  • ロシア出身
  • 部品メーカーの開発職
  • 24年前に電気工学を学ぶために来日
  • 極真空手の東海大会で優勝経験あり

地元ロシアで空手を14歳から始め、極真空手の東海大会で優勝した経験を持つ凄い経歴の持ち主です。

モイセエフ・ニキータ選手も4歳から空手を始めています。

その後、モイセエフ・ニキータ選手は空手を辞め、野球一本の道を進みますが、今では父親も野球を続けるために、熱心にサポートしているそうです。

母親

出典:日刊スポーツ

モイセエフ・ニキータ選手の母親は、

モイセエフ・アンナさん

アンナさんもロシア出身です。

モイセエフ・ニキータ選手の試合の応援にも必ず駆けつけ、支えているようです。

お母さん綺麗すぎですね

モイセエフ・ニキータ選手の兄は、

モイセエフ・イリヤさん(20歳)

モイセエフ・ニキータ選手の3歳年上のお兄さんのイリヤさんも野球をやっていました。

中学時代は、ニキータ選手と同じ「愛知衣浦リトルシニア」で投手をしていました。

高校は日本福祉大学附属高校へ進学。

高校卒業後は野球を続けられているのかは分かりません。

モイセエフ・ニキータ選手には2人の弟がいますが、名前や年齢など詳しい情報は分かっていません。

画像を見る限りでは、小学校低学年と4〜5歳くらいでしょうか。

よくモイセエフ・ニキータ選手の野球の試合を観戦しているようですので、弟たちも野球に興味があるようです。

モイセエフ・ニキータ選手の野球歴

出典:中日新聞WEB

モイセエフ・ニキータ選手は小学1年生から野球を始めました。

野球歴
  • 小学1年生:阿東パワーズに所属
  • 小学4年生:東海ボーイズ小学部に所属
  • 小学校6年生:「日本少年野球選手権大会(ボーイズ選手権)」で準優勝
  • 中学校:愛知衣浦リトルシニアに所属
  • 高校:豊川高校(愛知県)

小学校1年生の時に、空手と並行してスポーツ少年団の「阿東パワーズ」に所属し、野球を始めました。

出典:https://www.town.agui.lg.jp/0000004269.html

小学校4年生から兄の影響で、「東海ボーイズ小学部」に移籍し、野球一本に絞り取り組んでいます。

この時に空手は辞めてしまったようです。

当時はピッチャーとして活躍していました。

中学校に進学すると「愛知衣浦リトルシニア」に所属しています。

ピッチャーから外野手となりさらに活躍されています。

2021年中学3年生の時に愛知県知事旗争奪関東連盟春季大会で、準優勝しています。

出典:日刊スポーツ

そしてさらに高みを目指して選んだのが愛知県の豊川高等学校です。

ドラフト候補生で今後が楽しみです

まとめ

今回は、【何者】モイセエフ・ニキータの国籍や家族について!父親は極真空手の元愛知県王者についてまとめました。

選抜高校野球という大舞台でホームランを打ってしまう精神力を持ち主のモイセエフ・ニキータ選手の今後が楽しみです。